Menu
Düsseldorf, 9月 16, 2021

リチウムイオン電池リサイクル実証プラントの建設完了

SMSgroup Image
The feed to Stage 2 (black mass) is processed in the leach circuit to extract cobalt, nickel, manganese copper and lithium.

オーストラリアのNeometals Ltd社とSMSとのバッテリーリサイクル合弁会社Primobius GmbHは、効率的で環境に優しいリサイクルソリューションを用いて、リチウムイオン電池(LIB)の構成材料をすべて回収することを計画しています。この度、SMSのHilchenbach工場内にあるLIBリサイクル実証プラントの湿式製錬装置の試運転を開始しました。

包括的な試験が行われているこの実証プラントでは、EVや定置型エネルギー貯蔵設備から発生する廃LIBを、再利用に向けて構成要素に分解する、Primobiusの統合的なリサイクルソリューションをショーケースとして展示しています。また、試験で得られた製品は、潜在的な顧客や取引業者によって評価されます。

今回の実証プラント試験は、自動車メーカー、家電メーカー、バッテリーメーカーに、危険なリチウムイオン電池を安全かつ持続的に、あらゆる規制上の義務を遵守し、倫理的に廃棄するPrimobiusの能力を確認する機会を提供するものであり、パートナー企業がサプライチェーンの評価をするために、使用済みバッテリーがプロセスに入り、様々な製品が出てくる様子を見る機会を得ることが出来ます。

英語原文はこちら

SMS groupは、金属業界向けに将来を見据えた技術提案をし優れたサービスを届けることで、世界的に認知されています。 150年の経験とデジタル・ノウハウを駆使して、中核となるビジネスに留まらず、革新的な製品やプロセスを継続的に提供し、全世界で27億ユーロ以上の売上を計上しています。 SMSは、挑戦的なプロジェクトを進める上で適切なパートナーであり、工場のライフサイクルを通してお客様をサポートし、収益性と資源効率に優れた価値創造の連鎖をもたらします。 カーボンニュートラルで持続可能な金属産業への道を開くことがSMSの目標です。 SMSは、ドイツに起源を持つグローバル企業として、世界中に約14,000人の従業員を擁しています。

Contact

綱川 徹
部長
Phone : 03 3520 8590

Send Mail