Menu
Düsseldorf, 11月 02, 2021

最新の太陽光技術を用いた先駆的な産業プラントでSYNHELION社と提携

SMSgroup Image
Synhelion’s test facility in Spain, featuring a 1,000 m2 solar field to develop and test its solar fuel technology on medium scale.

SMSのグループ企業であるSMS Concast(スイス)は、CO2排出量を削減する取り組みの一環として、SYNHELION社(スイス)と戦略的パートナーシップを結び、同社の最先端の太陽光技術に大規模な投資を行います。

SMSをはじめとするパートナーの投資により、SYNHELION社は世界初の太陽光燃料の工業生産工場をドイツのJuelichに建設し、太陽光の集光から合成液体燃料の製造までを産業規模で行います。これにより、化石燃料に負けない低価格で太陽光由来の燃料を生産し、気候変動対策に共同で大きな貢献をすることができます。

SYNHELION社が製造する液体合成燃料は、現在の電池技術では到達できない非常に高いエネルギー密度を達成することができ、航空などの電化が難しいとされている分野で理想的なエネルギーキャリアとして使用可能です。

この技術では、太陽熱を利用してCO2を合成燃料、いわゆる太陽光燃料に変換します。太陽の光は鏡面で反射され、受光部に集められ、高温のプロセス熱に変換されます。発生した熱は熱化学反応器に供給され、CO2とH2OをH2とCOの混合物である合成ガスに変えます。この合成ガスは、標準的なGas-To-Liquids技術によって、ガソリン、軽油、ジェット燃料などに加工されます。余った熱は熱エネルギー貯蔵庫(TES)に蓄えられ、24時間365日の連続運転を可能にします(https://synhelion.com/technology)。

また、生成される太陽熱由来のプロセス熱は1,500度を超える前例のない温度に達するため、金属産業では、例えば、鉄鋼生産のエネルギー集約型プロセスに使用することができます。

英語原文はこちら

SMSgroup Image
Solar receiver by SMS group’s new partner Synhelion: delivery of clean solar process heat beyond 1,500 degree Celsius applicable to various industries using high-temperature process heat.

SMS groupは、金属業界向けに将来を見据えた技術提案をし優れたサービスを届けることで、世界的に認知されています。 150年の経験とデジタル・ノウハウを駆使して、中核となるビジネスに留まらず、革新的な製品やプロセスを継続的に提供し、全世界で27億ユーロ以上の売上を計上しています。 SMSは、挑戦的なプロジェクトを進める上で適切なパートナーであり、工場のライフサイクルを通してお客様をサポートし、収益性と資源効率に優れた価値創造の連鎖をもたらします。 カーボンニュートラルで持続可能な金属産業への道を開くことがSMSの目標です。 SMSは、ドイツに起源を持つグローバル企業として、世界中に約14,000人の従業員を擁しています。

Contact

綱川 徹
部長
Phone : 03 3520 8590

Send Mail