back
Login to SMS group Connect
Düsseldorf, 7月 07, 2021

困難な事業年度を経て、明るい展望の見える2021年度

2020年度は特に新設のプラントの受注において新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けました。受注高は、前年度比約40%減の1,885百万ユーロとなりました。また、売上高は前年同期比6.5%減の2,745百万ユーロとなりました。

SMSでは、中核事業である金属産業向けプラントの建設は、パンデミック前の水準には及ばないものの、今後数年間、安定して続くと考えています。

世界の主要鉄鋼生産地域で意欲的な環境・気候目標が設定されたことにより、鉄鋼メーカーが革新と投資の必要性に迫られている中、2021年4月にSMSがPaul Wurth S.A.を完全子会社化したことで、金属と水素の技術に関するすべての研究開発活動を社内で一元化し、製鉄プロセスの脱炭素化に関連するすべての技術を提供する立場となりました。

また、脱炭素化に加えて、デジタル化、自動化、技術サービスの各事業が引き続き新規事業の主要な推進力となっています。

現在、多くのお客様が中断していたプロジェクトを再開させ、また、新しいプラント技術への投資を進めています。お客様への近接化を図るべくエリア制を敷くことで今年度は受注量が明確に増加し、売上高も2019年の水準に戻ると予想しています。

英語原文はこちら

SMS groupは、金属業界向けに将来を見据えた技術提案をし優れたサービスを届けることで、世界的に認知されています。 150年の経験とデジタル・ノウハウを駆使して、中核となるビジネスに留まらず、革新的な製品やプロセスを継続的に提供し、全世界で27億ユーロ以上の売上を計上しています。 SMSは、挑戦的なプロジェクトを進める上で適切なパートナーであり、工場のライフサイクルを通してお客様をサポートし、収益性と資源効率に優れた価値創造の連鎖をもたらします。 カーボンニュートラルで持続可能な金属産業への道を開くことがSMSの目標です。 SMSは、ドイツに起源を持つグローバル企業として、世界中に約14,000人の従業員を擁しています。

Contact

SMSgroup Rötzer, Kilian

Kilian Rötzer
Head of Corporate Communications and Marketing
Phone : +49 211 881-4127

Send Mail